職場でもやることがある

この二つの方法を、「幸せ恐怖症」の女性は、職場で男性社員にやることがあります。ただし入社したばかりの頃は普通に勤務しています。むしろ、楽しく勤務していることが多いものです。ところが、半年もすると、次第にギクシャクしてくるのです。これら二つの方法を巧みに利用して破壊工作をするからです。

まわりの人は、当人に悪気がないことはわかるのですが、振り回されて迷惑を受けると次第に人は離れていきます。前述したように、女性は、イライラしているだけで人を傷つけることができます。しかも、わけもなく不機嫌だったり、時には、親切にしたあとイライラし始めたりするので、まわりの人々は当惑します。親切にしなければしないで不機嫌になるし、親切にすればしたでイライラが始まるのです。これではどう扱っていいのかわからなくなります。

職場にこういう女性が一人でもいると、職場の雰囲気は悪くなります。当人が休んだ時、いっそう明瞭です。いかにふだんからまわりに迷惑をかけているかがわかる瞬間なのですが、知らぬは当人ばかりなりです。当の女性は、意識の上では、まわりに気を遣い、みんなに迷惑をかけないようにしているつもりです。確かに通常モードではそうしています。しかし、何かの拍子に幸せ恐怖モードに切り替わった途端、「魔性の女」に変身するのです。

当人とまわりの人の意識の差が大きいのが「幸せ恐怖症」の特徴です。まわりの人々も、この子はとこかがおかしいと感じても、どこがどうおかしいのか、言語化することは困難です。なぜならふだんは普通の人以上に普通だからです。実際、ふだんは人一倍人に気を遣って生きている人です。当の本人も、まさか、自分が魔性の女に変身してみんなを混乱させているなんて夢にも思いません。

しかも、破壊活動をしている時も、本人は正義感に燃えていますから、反省することはありません。たとえまわりの人が落ち込んでしまっても、当人は自覚がありませんから、みんなに迷惑をかけたという加害者意識はゼロです。むしろ、みんなを責めてしまいます。互いに罪のなすり合いをするのです。それゆえ、幸せ恐怖という呪いがかけられている女性は、職場で孤立することが多くなるのです。

そもそも反省という行為は。罪の意識を感じてはじめてできるものです。自分が被害者であると思っているうちは、あやまることはできても、反省することはできません。未来においてまた同じ手口で破壊活動をし続けることになります。

反省というのは、人間にとつてきわめて高度な精神活動が要求されるのです。責任の所在を明らかにし。心のメカニズム(動機など)を理解し、納得してからでないと、過去の失敗を未来に活かすことはできません。ただ「悪かったなぁ」と思う程度では、何度でも未来において破壊活動をしてしまいます。

なお、職場においては、仕事でミスをたくさんして自分を退職に追いやることで幸福を回避する、という方法を使うこともあります。無意識だけど意図的にミスを犯すのです。本人は本気でミスをしたことを悩みますが、実は、意識できないだけで意図的な行為です。たとえば、パソコンのキ-ボードの近くにコーヒーカップを置く、というようなことです。

気をつければ大丈夫ですが、でもうっかりすると、こぼしてしまいます。こういう危険なことを無意識だけど意図的にやるのです。こんなことを毎日やっていたら、いつか、本当にキーボードの上にコーヒーをこぼしてしまいます。こうやって、アクシデントを装い、さりげなく自分を不幸にするのです。

「幸せ恐怖症」は、本人がまったく意識できないまま幸福を破壊してしまうことが、もっとも怖いところです。たとえ小さなミスでも、意図的にやっている以上、確実に不幸が訪れるからです。

— posted by Kaori at 06:54 pm