多くの若い女性が「幸せ恐怖症」という呪いにかかっている

あなたは、彼女とデートしていて、彼女の不可解な態度に「?」となったことはないでしょうか。たとえば、彼女が映画を観に行きたいと言うので連れて行ったのに、映画館についた途端、つまらなそうな顔をしたり、頭痛がする、寒気がする、気分が悪い、と言ったりしたことはないでしょうか。あるいは、映画を見た直後は「面白かったね!」と感動していたのに、その後、食事に行った時、急にふさぎ込む・・・という経験はないでしょうか。

女性特有の気まぐれのように見えますが、実はこういう症状を示すのは「幸せ恐怖症」という呪いによることが多いのです。もし、二回のデートのうち一回はこうした不可解な行動を彼女がするようであれば。疑ってみる必要があります。「幸せ恐怖症」という呪いが彼女にかかっている恐れ人です。

「幸せ恐怖症」という呪いが軽度の場合は、先ほど述べましたように、気まぐれかな、という程度で笑って済ますこともできますが(男性は振り回されてたいへんですが)、重症の場合は深刻です。なぜなら、彼女が大きな悦びを得た時ほど。彼女はおかしな行動をとるからです。

たとえば、彼女にとって、ディズニーランドのスターツァーズが一番の楽しみだったとしましょう。他の乗り物に乗っている時は楽しそうでも、スターファースに来た途端。気分が悪くなるのです。吐き気がしたり、頭痛がするのです。人によっては、スターツァーズに乗った後で、こういう症状が出ることがあります。怒りっぽくなったりで悪態をついたりするのです。

「幸せ恐怖症」の症状は多岐に渡ります。楽しいと感じた時に、わざと機嫌悪い態度をとったりします。幸せの予感がした時、ぶち壊そうとしたりします。たとえば、これからハイキングをするぞと登山口に来た途端、拒絶の態度をとり始めることもあります。これ以上私を幸せにしないでくれとばかりに(ただし、本人はまったくの無自覚ですが)、自分の幸せを応援する人に怒りをぶつけて八つ当たりするのです。

楽しいことをして機嫌がいいはずなのに、あるいは、楽しい予感がして機嫌がいいはずなのに、その行動の前後に怪しげな態度になるのです。決して偶然ではありません。女性特有の気まぐれでもありません。「幸せ恐怖症」によるものです。

こうした「幸せ恐怖症」という呪いの存在がわかりにくいのは、自己破壊を伴うからです。「みずから進んで不幸になろうと努力する人なんているはずがない」という思い込みが、呪いの発見を邪魔するのです。自分の幸せを犠牲にしてまで母からの嫉妬を回避しようとしているなんて、常識では考えられないからです。

でも、事実は小説よりも奇なりといいますが、デートの時、しっかり自分の幸福を犠牲にして、彼をへこまそうとするのです。無意識とはいえ、幸せになったら親に見捨てられるという恐怖から、必死になって自分の幸せを壊そうとするのです。恋人の気分を悪くしたり、自分の気分を悪くすることで、デートを台無しにしようとするのです。決して母親の幸福度を超えてはいけないのです。女性は、その日の幸福度を計算して、デートをどの程度ぶち壊すかを決定するのです。

もちろん、デートが楽しくなければ幸せを破壊することはしません。平穏にデートは終了します。楽しくない時はむしろ平和なのです。でも、限度を超えて楽しいと、幸せを破壊するスイッチが入ってしまうのです。

たとえば、先ほどの例の場合、スターツアーズを楽しみにディズニーランドに来ているのですから、体調不良のためにスターツアーズに乗れないとしたら、本人は立派な被害者です。立派な不幸です。でも、母の嫉妬が怖くて自分で自分の幸福を破壊するのです。

巧妙な女性になると、乗る前に彼に喧嘩をふっかけて幸せを破壊します。充分気分を害してから(事前に、自分を不幸にしてから)、乗るのです。あるいは、喧嘩をふっかけたために決裂してしまって、スターツアーズに乗れない、という方法を採用する女性もいます。この場合は、あなたのおかげで乗れなかった、と彼を責めることすらします。

特に女性は、被害者のまま加害者になることが容易です。振り回される男性こそ被害者です。しかし、女性は無意識に幸せを破壊する工作をしますので、当の女性は、自分こそ被害者であると主張します。

— posted by Kaori at 10:58 am